Pocket

生理前の肌は特に新陣代謝を促進

生理前の肌は、くすんだり、吹出物ができたり、べたついたりと、不安定になりがちです。生理前の約一週間は、黄体ホルモンの分泌が多くなるため、肌トラブルがおこりやすくなるのです。

nikibi

この時期のお肌のケアはいつもよりも気を付ける必要があります。美肌の最大のポイントは

新陣代謝の正常化!

です。新陣代謝を活性化して美肌にするためには、睡眠を十分にとる、紫外線を防ぐケアをする、などあげられますが何と言っても肌に良い栄養成分を摂取することが大切です。ここでは、

● 新陣代謝をあげて美肌に導くビタミン

● その中でも特に生理前に摂りたいビタミンとは?

をご紹介いたします。お肌のお悩み別栄養素もご紹介いたしますので、食事で内側からキレイになりたいあなたは必見です。

新陣代謝を上げて美肌に導く!4大ビタミンの働き

ビタミンA

皮膚や粘膜、目の機能の健康を保つために重要な役割を果たします。
肌を丈夫にして、潤いを保ちます。

鶏レバー、豚レバー、アンコウ肝、ウナギ肝、銀ムツなど

ビタミンC

コラーゲンの生成に関与して、皮膚のシミやしわを防ぎます。
活性酸素を消去する抗酸化作用もあります。

柿、グァバ、菜の花、赤ピーマン、ネーブルオレンジ、はっさくなど

ビタミンB群

肌の炎症を防いで正常に保ち、細胞の再生を促します。

レバー、豚肉、カツオ、マグロ、サバなど

ビタミンE

強い抗酸化力を持っています。
血行を良くして細胞の老化を防ぎ、新陣代謝を高める効果があります。

アーモンド、キングサーモン、カボチャ、小麦胚芽など

お悩み別!美肌への必要な栄養素

美肌のための栄養素、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンEはもちろんですが、ピンポイントで悩んでいるお肌の状態によって

さらに重点的に摂りたい栄養素

があります。ありがちなトラブル別にまとめてみました。

にきびや吹出物

おとなのにきびに悩む人が増えています。おとなのにきびは、あごや髪の生え際に出来るのが特徴です。

特に生理前は、黄体ホルモンの増加によって皮脂の分泌がさかんになり、にきびができやすくなります。
上記に食物繊維をプラスして腸をきれいにしましょう。

nikibi2

シミ、ソバカス

メラニン色素の抑制効果のあるビタミンCと、老廃物の排出を高める抗酸化力の強いビタミンEを多めにとりましょう。

口内炎を伴う肌荒れ

特にビタミンB群をしっかりとりましょう。

また、ビタミン類とともに亜鉛不足にも要注意です。亜鉛はコラーゲンの代謝を促し、皮膚や粘膜を新しく作り変える助っ人役です。
亜鉛はウナギ、カキ、豚レバー、納豆、チーズに多く含まれています。

むくみ

むくみを防ぐうえで大切なのは、ナトリウムとカリウムをバランスよくとることです

ひじきや昆布などの海藻類は、体内のカリウムとナトリウムのバランスを調整してくれます。
海藻が胃にたどりつくとカリウムが体内に吸収され、小腸ではナトリウムとくっついて体内に排泄されます。

生理前に特に摂りたい栄養素

生理前は肌荒れだけでなく

●やたらとイライラしたり

●怒りっぽくなったり

●わけもなく気分が落ち込んだり

と、心のトラブルも起こりやすくなります。イライラなどのストレスは大量の活性酸素を発生させます。この時に大量に消費してしまう栄養素が

ビタミンC

です。美肌ビタミンといえば、やっぱりビタミンCは基本です。心と肌のためにも、特にビタミンCはしっかり摂りましょう。

美肌に大切なビタミン類まとめ

びたみ

肌の状態は日々の食事でかなり違ってきます。なんでもバランスよく食べることが大切ですが、あなたがより美肌になるためには、ビタミンA、C、B群、Eを意識した食事を心がけましょう。

特に生理前はビタミンCの摂取は意識しましょう。ビタミンCは壊れやすい栄養素ですので、安定して補給するなら、サプリメントがおすすめです。食事で摂りきれないときにお試しください。

天然ビタミンCでエイジングケア!!

kamukamu

★こちらもお読みください。

生理前のイライラには食事とサプリからビタミンC

ビタミンCサプリ「ヤマノのカムカム」を飲んでみたよ!

PMSサプリメント徹底比較!あなたの症状別 タイプ別