Pocket

生理前のお腹の急降下

生理前になると下痢気味になる、そんな女性は私だけではないはずです。人と一緒にいて平静を装いながらも、お腹はぐるぐる、ゴロゴロ、急降下が気になってしまいます。

トイレに行っても、もう出るものもないのに、腸が「出そう、出そう」としている感覚で、なかなかトイレから出られません。ここでは

生理前の腹痛はどうして起こるのか、対処法はあるの?

をご紹介いたします。

女性ホルモンの影響により起こる下痢

生理前に下痢になる原因は、黄体ホルモンのバランスの乱れによるものです。

排卵期が終わると、そこから次の生理を迎えるまでに、卵巣から黄体ホルモン(プロゲステロン)が大量に分泌されます。

この黄体ホルモンは「妊娠を助けるホルモン」とも呼ばれ、排卵後に女性の体を妊娠しやすいように子宮の環境を整えてくれます。流産しないように、子宮周辺の活発な活動をおさえる働きもします。

妊娠するために、黄体ホルモンは非常に大切な役割を果たします。しかし受精卵が着床せずに終わると、一気に分泌量が減り、それまでおさえられていた子宮周辺の働きが急に元に戻ります。

腸の動きも戻ることにより、お腹が緩くなってしまうんです。

便秘になる時の原因も黄体ホルモン

前述の通り、黄体ホルモンが大量に分泌されている間は、妊娠を助けようとして身体を守り、腸の動きもおさえられてしまいます。そこで、

排卵期過ぎた頃から、便秘になる女性も多いでしょう。

便秘の原因も黄体ホルモンの仕業ということが出来ます。

便秘も下痢も、黄体ホルモンの変動によりおこるもの、つまり女性ホルモンが働いている証のようなものです。

便秘薬に頼るのも注意、次のお腹の急降下がくる場合も

ここで便秘薬を飲んでしまうと、うっかり次のお腹の急降下が始まることがあるので要注意です。

私などは、それで「程よい具合」を通り越してお腹が痛くなってしまうことが度々あるので、便秘薬はよほどのことがないと飲みません。

また、妊娠していた場合もホルモンバランスが崩れて便秘になったり、お腹が緩くなることもあります。その際も薬を飲むことに気を付けた方が良いでしょう。

下痢、便秘、どちらになりやすいかは人それぞれ

黄体ホルモンの動きだけに着目しますと、

便秘で苦しんだあと、次は真逆の下痢になる

という流れですが、必ずしもその通りになるとは限りません。

黄体ホルモン、卵胞ホルモン、どちらの影響を受けるかは人により違います。下痢だけつらい人もいれば、頑固な便秘にだけ悩まされる人もいます。

あなたの体質や体調、生活習慣、年齢、ライフステージなどでも変化していきますので、同じ人でも毎回同じ症状が出るとは限らないのです。

生理前の下痢への対処法

生理前の下痢への対処法は、身体を冷やさないことです。お腹を冷やさないようにすることはもちろん、食べ物などで身体の内側から温めることも大切です。

アルコール、カフェイン、辛い食べ物など、刺激のあるものは、胃腸の負担になります。下痢の症状が出ているときは、なるべく避けるようにしましょう。

適度な運動で血行を良くし、身体を温めるのも良いでしょう。

腹巻は最高の冷え対策です。身体の中心を保温することで、身体全体をポカポカにしましょう。

チクチクしない、まるまらない腹巻はこちらです。↓

冷え対策に「おなかくるり」

まとめ 他に気になる症状は?イライラなど

生理前のお腹のトラブルは、ホルモンバランスの乱れによるものも少なくありません。あまり激しい乱れは、PMS(月経前症候群)の可能性があります。

●些細なことでイライラする、落ち込む

●疲れやすい

●片頭痛

他にも生理前のトラブルがないかチェックしてみましょう。

下痢をはじめとして、PMSなどの女性特有のトラブルに大敵なものは「冷え」です。身体を温めて、保温することを心がけましょう。

あなたに合ったPMSサプリメントの選び方はこちら

PMSサプリメント徹底比較 あなたの症状別 タイプ別