Pocket

ズキズキ、ガンガン、耐えられない生理前の頭痛

マグネシウムは片頭痛を予防してくれるミネラルです。

普段は頭痛がしなくても、生理前になるとズキズキ、ガンガンとした頭痛に襲われること、ありませんか?そのような脈をうつような激しい頭痛を、片頭痛といいます。

片頭痛が激しいからといって、寝込んでもいられないのが現状。

そこで摂りたい栄養素が、マグネシウムというミネラルです。ここでは

☑ あなたの食生活から、片頭痛を予防するほどのマグネシウムが摂れているのか?

☑ どんな食品からマグネシウムを摂ることができるのか?

という疑問にお答えいたします。

マグネシウムが配合された頭痛予防のサプリメントもご紹介いたしますので、最後までお読みくださいね。

ガンガンズキズキに!【ズキラック】

◇目次

1.マグネシウムはなぜ片頭痛に効果があるの?

2.マグネシウムはどれくらい摂ると片頭痛予防に役立つの?

3.何を食べるとマグネシウムが摂れるの?

4.マグネシウムが不足する危険性とは?特に生理前

5.マグネシウムも配合された頭痛予防のサプリメント

6.まとめ

マグネシウムはなぜ片頭痛に効果があるの?

マグネシウムには、血管の行き過ぎた拡張をおさえてくれる働きがあります。

急激な血管収縮をおさえてくれるため、片頭痛の予防につながるのです。

実際に、片頭痛を訴える患者では、血中のマグネシウム濃度が低い、ということがよくあるそうです。

マグネシウムはどれくらい摂ると片頭痛予防に役立つの?

マグネシウムの1日あたりの推奨摂取量は、日本人成人女性で270㎎といわれています。

たとえば、くるみ5粒では、150㎎のマグネシウムが含まれています。

「片頭痛 治療、予防のための薬とそれ以外の効果的なメソッド」という著書に、

「マグネシウムがどれくらい片頭痛を抑えることができるのか?」

具体的に書いてあったので、一部引用いたします。

600㎎のマグネシウムのサプリメントを毎朝摂取すると

● 片頭痛発作頻度を42%軽減

● 発作の程度を34%軽減

することができます。

(成人アメリカ人の場合、片頭痛の予防治療効果を得るために必要なマグネシウムの量は、毎日600㎎)

この結果からわかることは、「マグネシウムには次の効果がある」ということなんです。

☑ 片頭痛を抑える効果

☑ もし片頭痛が起こっても、その痛みの程度を軽くする効果

何を食べるとマグネシウムが摂れるの?

天然のマグネシウムは、未精白の穀物や、豆類、藻類、種子類、魚介類に多く含まれます。

マグネシウムを多く含む食品

大豆、納豆、あおさ、ワカメ、ひじき、昆布、アーモンド、玄米、さくらえび、いわし、あさり

マグネシウムはこのように、健康的な食生活をしていると、自然に摂取できるミネラルです。

マグネシウムが不足する危険性とは?特に生理前

しかしあなたにも、マグネシウムの不足の危険が十分にあるのです。

加工食品に頼りがちの食生活をしていると、摂取量のバランスを崩しがちです。

また、ストレスが多いと体内のマグネシウムが大量に消費されてしまいます。

また、生理前の頭痛はPMS(月経前症候群)の症状であることが多いです。

マグネシウムは、片頭痛を予防する働きのほか、神経の興奮を鎮めて、精神を安定させる働きもあります。

マグネシウムは、

●頭痛が起こりやすい

●イライラしやすい

このような生理前に、本当に摂るべきミネラルなのです。

マグネシウムも配合された頭痛予防のサプリメント

マグネシウムも配合された頭痛予防のサプリメントなら、「ズキラック」です。

ズキラックの嬉しいポイントは、チェストベリーも配合されており、生理前のホルモンバランスを整えてくれる効果も期待できるのです。

ズキラックはホームページから購入すると、初回限定、送料無料、お得な価格で買うことが出来ます。

初回限定価格!

● 2袋まとめて4980円

● 1袋で2980円

ガンガンズキズキに!【ズキラック】

まとめ

片頭痛に悩まされるあなたも、マグネシウムが不足しているかもしれません。

イライラなどのストレスがたまったときも、マグネシウムは消耗します。マグネシウムは体内で合成することが出来ないため、食べ物やサプリメントで積極的に取り入れましょう。

ズキラック公式ホームページはこちらズキラック