Pocket

PMS症状は生理前に出るとは限らない

PMS(月経前症候群)は、月経前、という症名があるくらいだから、「PMSは生理前の症状だ」と思ってしまいますよね。

しかし生理前だけではないところが、PMSのやっかいなところなのです。

それを知っていないと、あなたの症状もPMSと気づかず、解決策もわからないまま、もやもやが続いてしまうので、必ず知っておきましょう。

また、生理前といっても、いったい何日前からなのか?そして、いつまでこの不調は続くのか?

今回は、知っておきたいPMSの期間についてご紹介いたします。

PMSの症状が現れる時期 多くの場合

PMSの症状の期間は、個人差が激しく、人によってかなり違いが出てしまいます。

多くの場合は、次の通りです。

PMS症状の期間

●生理予定日の1週間前くらいから現れ始める

●生理の開始とともに、ウソのように消滅する

●PMS症状が強まるのは、生理2~3日前頃から生理開始までの期間

このPMS症状の期間は、あくまでも「多くの場合」です。

あなたがこの「多くの場合」にあてはまる可能性は十分あるでしょう。

しかしPMSの症状が現れる期間は、人により、かなり違いがあり、問題解決のためにも、そこを知っておく必要があります。

PMSの期間は人によりこんなに違う

前述のとおり、PMS症状が現れる期間は、「生理予定日の一週間前頃から生理開始まで」が多数派です。

しかし次のような少数派もあります。あなたもこの少数派の一人である可能性が十分にあります。

◇ 排卵直後から始まり、生理が始まると消滅する場合

◇ 排卵の前後にも症状がみられる場合

◇ 生理終了まで症状が持続する場合

いかがですか?

あなたのつらい症状が出る期間は、上記にあてはまりますか?

上記の中でも、「排卵期から症状が現れる場合」や、「生理終了まで症状が持続する場合」などは、その分つらい期間が長い、ということです。

一月の半分ももやもやしてしまうのは、やはりどうにかしてあげたいものです。

あなたはどうか我慢しないで、女性ホルモンの分泌を正常化していきましょう。数ヶ月もすれば、必ず改善出来ます。

PMS症状はなぜ出てしまうのか?

PMS症状が出てしまう原因は、はっきりとは解明されていませんが、おもに、女性ホルモンの影響だといわれています。

女性は排卵を境に、女性ホルモンが大きく変動します。

女性ホルモンと自律神経はお互い影響をうけやすい存在です。

排卵後の女性ホルモンの変動で自律神経が影響を受けることにより、イライラ、気分の落ち込み、頭痛、腹痛を引き起こす、といわれています。

また、PMSの症状の期間を長引かせる要因として、ストレス、食生活、生活習慣などもかなり影響します。

PMS症状を改善したいならチェストベリーが有効

手っ取り早くPMSの症状をどうにかしたい!というあなたは、PMSサプリメントを試してみましょう。

PMSサプリメントは、チェストベリー配合のものを選びましょう。

チェストベリーは、女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を正常化してくれる働きがあり、PMS症状に効果があるといわれる植物です。

私のおすすめのPMSサプリメントは「ムーンラック」です。

ムーンラック

★モニター価格 初回980円!

ムーンラックには、チェストベリーが、一日摂取推奨量の40㎎配合されています。

このほか、ムーンラックには、気持ちを落ち着かせる効果の漢方、生薬なども多く配合されています。

イライラが強かったり、感情が昂ってしまうあなたは、ムーンラックがおすすめです。

私の場合は、ムーンラックを飲んで最初の生理周期から、かなりすっきりしました。

私のムーンラック体験談はこちら!

PMSサプリメント効果 私が感じた変化

まとめ

PMS症状は、多くの場合、生理1週間くらい前から始まり、生理の開始とともに消滅します。

しかしPMSは、排卵の前後や、生理が始まってからも症状が出ることがあります。あなたのつらい症状が生理前ではなくても、PMSを疑ってみましょう。

★女性ホルモンの分泌が正常化してくると、症状も安定してきます。

PMSサプリメントを比較して選びたいあなたは、こちらのページを参考にしてください。

PMSサプリメント徹底比較!それぞれの特典とは?