Pocket

女性ホルモンの強い味方 ビタミンB6

生理前はホルモンのバランスが崩れることによって、気持ちが乱れやすくなります。

●ちょっとしたことでイライラする

●わけもなく落ち込む

●人に会いたくない

そんな生理前の不定愁訴の症状改善に効果的な栄養素が、ビタミンB6です。

今回は

☑ ビタミンB6のすごいところ

☑ ビタミンB6を効率良く摂取するためのヒント

をご紹介いたします。

これを知っているだけで、生理前の献立が立てやすくなり、外食で何を食べようか迷う時にも、メニューを選びやすくなります。

最後にビタミンB6を配合したPMSサプリメントもご紹介いたします。生理前にイライラしてしまうあなたは必見です。

kangeki

ビタミンB6はホルモンバランスを整える

ビタミンB6は、卵胞ホルモンの代謝に働きかけて、ホルモンのバランスを整えます。このためビタミンB6は、生理前のホルモンの崩れによって起こる不調、PMSを改善する効果があるのです。

ビタミンB6が働きかけるのは心だけではありません。ビタミンB6をしっかりとると、たんぱく質が有効に使われるため、皮膚や粘膜や髪が丈夫になるんですよ。

ビタミンB6は幸せの運び役!

ビタミンB6は、私たちが感じる「幸せ」にも、深く関わっています。ビタミンB6は、幸せを感じる「神経伝達物質」を合成しているのです。

ビタミンB6が合成する神経伝達物質たち★

●ドーパミン
快感を感じたり、意欲を起こしたりする質)

●セロトニン
(別名幸せホルモン」。うつ病の方はこのセロトニンが減少しています。)

●ギャバ
脳内の血流を改善する物質。ギャバが不足するとイライラしたり不安な気持ちになったりします)

kuroba

生理前にイライラしたり、気持ちが不安定になるあなたは、ビタミンB6を特に意識して摂りましょう。

ビタミンB6は摂りやすい

ビタミンB6は、普段の食事から摂取しやすいのも嬉しいところです。

たとえば、ビタミンB6を多く含む食材といえば、牛、豚、鶏のレバーや、サンマ、カツオ、マグロなどの魚の赤身などの他、玄米、バナナ、ニンニクなど様々な食品から摂ることが出来ます。

メインになる食材も多いため、日々の献立の計画も立てやすくなります。

ビタミンB6の注意点

植物性食品に含まれるビタミンB6は、体内での利用率が低くなります。ビタミンB6を効率よく摂取するためには、動物性食品から摂りましょう。

また冷凍保存、加工食品では目減りします。ビタミンB6は鮮度の良い魚や肉で摂りましょう。

妊婦さんや経口避妊薬(ピル)を常用している方は、ホルモンの関係でビタミンB6が欠乏しやすくなります。特に積極的に食事に取り入れましょう。

bitaminb6

まとめ

ビタミンB6は、「小さな幸せ」や「大きな喜び」を感じる脳内ホルモンをサポートする栄養素の一つなのです。

ビタミンB6が不足すると、神経の働きをよくするアミノ酸の代謝の停滞を招いてしまい、不眠症やうつ状態を招くことがあります。

生理前に不安定になりがちなあなたは、栄養バランスを配慮した食事を心がけましょう。

ピンポイントで必要な栄養素を補えるサプリメントを活用するのも賢い選択肢です。

ビタミンB6配合のPMSサプリメントなら、「めぐルナ」です。

【めぐルナ】

★特別定期コース 初回限定980円!

私のめぐルナ体験談はこちらです。↓

めぐルナ効果を試してみたよ!ここが良かった、ここが悪かった、体験談

sapuri★こちらもお読みください。


PMSサプリメント徹底比較!あなたの症状別 タイプ別