Pocket

女性ホルモンのバランスが崩れる原因を知ろう!

女性ホルモンのバランスが崩れる原因は、人によって違います。

あなたの場合はなぜ崩れてしまうのか?原因がわかれば、あなたはもっと上手に女性ホルモンと付き合えるかもしれません。

PMS(月経前症候群)に悩まされるあなたも、普段の生活に心当たりを発見して、改善のヒントになるでしょう。

女性ホルモンの本来の目的は、生理を起こすこと、妊娠、出産です。しかしその他にも、女性ホルモンの恩恵は数え切れないほどあります。

あなたはホルモンバランスの乱れの原因を探り、生理前の不調を軽くしましょう、さらに女性ホルモンを味方につけて恩恵を受けましょう。

女性ホルモンのコントロールは脳

女性ホルモンは、脳にある視床下部というところでコントロールされています。

この女性ホルモンのコントロール元が、ホルモンバランスが乱れやすい原因と言えるでしょう。

なぜなら、この女性ホルモンを司っている視床下部は、同時に

●自律神経

●感情

●食欲

などもコントロールしているのです。

ですから、あなたの自律神経や感情に変調があると、女性ホルモンにも影響が出てしまうのです。

自律神経の変調は女性ホルモンを狂わせる原因に

自律神経は、私達の意思に関係なく、生体維持に欠かせない働きを担っています。

しかし現代社会は自律神経を傷つけるストレスで溢れています。

仕事ではコンプライアンス、ハラスメントと敏感になり、おまけにラッシュ時の通勤電車。

様々な人間関係に、一人でこなさなければならない家事、育児。さらには睡眠不足。

長期のストレスや強いストレスがかかかると、自律神経は対応しきれなくなります。その結果、頭痛、腹痛、不眠、情緒不安など、心身に様々な症状が現れてしまうのです。

 

● 呼吸

● 体温

● 血圧

● 消化

自律神経と女性ホルモンの司令塔は、同じ脳の視床下部。

自律神経が乱れると、女性ホルモンにも影響して、生理周期が狂ったり、無月経などのトラブルが出てしまうのです。

感情と女性ホルモンのコントロール元も一緒

女性ホルモン、自律神経をつかさどる視床下部は、感情の影響も受ける場所です。

喜び、怒り、悲しみ

不安、緊張、イライラする

などの感情の動きは、自律神経と連動します。
緊張すると心拍数が上がったり、悲しくて涙が出るのは、そのせいですね。

イライラしたり気分が落ち込んだりしたら、睡眠をとる、リラックス、気分転換などして、休息をとりましょう。

そうすることで、自律神経の乱れも整ってきます。

女性ホルモンのバランスのために

女性ホルモンのバランスのために、

☑ 自律神経が乱れるようなストレス

☑ マイナスな感情

は悪影響!

ということがおわかりいただけましたか?

マイナス思考より、プラス思考が良いですね。

まったく関係ないと思っていたことが、女性ホルモンに思いがけない良い影響を与えたりすることがわかります。
あなたは是非、温かい気持ちで、前向きに過ごしましょう。

女性ホルモンが乱れる時には

それでも生理前はむしょうにイライラする、カッとなりやすい、などのあなたは、チェストベリー配合のサプリメントを試してみましょう。

生理前のイライラや、情緒不安定におすすめのPMSサプリメント、私のおすすめは次の2つです。

● ルナベリー

● ムーンラック

★生理痛もつらい、食生活も乱れがちなあなたには

初回無料!(送料500円)

2回目以降3,960円(送料無料)

ルナベリー

ルナベリー効果の特徴は? 他のPMSサプリメントと違う点はここ!

★漢方の力も借りたい、特にイライラ気分を鎮めたいあなたには

初回980円(送料無料)
2回目以降2,980円
ムーンラック

私のムーンラック体験談はこちら

特にイライラしたり、感情の起伏が激しかったり、気分が不安定になるあなたには、ムーンラックがおすすめです。

一日たった二粒に、漢方やハーブなどの、大変癒される香りがするのです。その二粒にの優良成分がぎゅっと詰まっているのがわかります。

まとめ

女性ホルモンは様々なあなたが普段感じるストレスや、感情の浮き沈みなど、様々な影響を受けやすいホルモンです。

あなたのPMS症状の原因と傾向がつかめれば、改善策につながるかもしれません。

しかし原因をひとくくりにしにくいところも、PMSの厄介なところです。

あなたは上手にPMSサプリメントを利用して生理前の不調を乗り越えてくださいね。