Pocket

PMS対策!とにかく体を動かそう

PMS(月経前症候群)に運動が有効かどうか、さらにあなたの身体に具体的にどう役に立つのかをご紹介いたします。

まず、PMS対策に運動が役に立つかどうかといったら、答えはもちろん「yes!」です。

健康のためになることは、PMSにも良いことですから、積極的に体を動かしましょう。

体を動かして冷えの改善を!

生理前の頭痛、下腹部痛、むくみ、便秘、疲労感などは、冷えによる血行不良で悪化する可能性が高いです。

運動不足により体が固まると、ますます血流が悪くなります。生理前の体が感じる不快な症状も重くなるかもしれません。

PMSや生理痛に多い冷えは、運動で血の巡りを良くして緩和しましょう。冷えが改善できると、下腹部痛、肩こり、腰痛なども楽になってきます。

汗をかくことでむくみもとれてきます。また、腸も動くことで便秘の改善にもつながります。

夜気持ち良く眠れるようになる

運動することで、普段使っていない筋肉を使うこともまた気持ちの良いものです。そうした心地の良い疲れは、夜の眠りを深めてくれます。寝つきも良くなるでしょう。

十分な睡眠をとって体を休めることは、PMSにとって大切です。疲れ具合も減りますし、イライラの軽減にもつながります。

イライラ防止にも運動効果

むしょうにイライラする時、また、気分がふさぎがちな時は、家にこもりたくなりますよね。

しかし家にこもっていても、よけいにもやもやしてしまいます。体を動かして、気分転換、ストレス解消しましょう。

私も、もやもやしてしまう時は、思いきって外に出ます。目的なく歩くだけでも、ガラッと気分が変わります。小さなこだわりも、どうでも良くなってくるものです。

動きたくない時は

生理前は体も重いし、何かするのが億劫になりますよね。

「運動する気持ちになんてなれない!」

という人も多いかもしれません。

私のおすすめは、習慣にしてしまうことです。

生理前にいきなり始めるのは抵抗があると思います。そこで、生理が終わって排卵期ごろまでの、調子が良いときから体を動かし始めましょう。

気持ちの切り替えのためにも、やはり外に出ることが一番だと思います。

しかし無理も良くありません。どうしてもきつければ、家でヨガや、軽いストレッチでもやってみましょう。運動することでPMSの症状が和らいできます。

サプリメントも同時進行

PMSのさからえない症状は、自分の力ではどうにもできないこともあります。

つらい時には運動も取り入れながら、チェストベリー入りのサプリメントも試してみましょう。ホルモンバランスが整ってきますよ。

生理痛や、痛みを伴うPMS症状がつらいあなたには、「ルナベリー」、イライラ、もやもやがつらいあなたには、「ムーンラック」が良いと思います。

生理痛もつらいあなたに

ルナベリー

初回無料!(送料500円)

2回目以降3960円(送料無料)

 ルナベリー効果の特徴は?他のPMSサプリメントと違う点はここ!
イライラ、もやもやがつらいあなたに

ムーンラック

 

初回980円(送料無料)

2回目以降2980円

 私のムーンラック体験談はこちら

特にムーンラックは、漢方の良さを活かしながら、チェストベリーなどもしっかり配合されたPMSサプリメントです。

体の巡りを良くすることで、全体を整えていくという効果があります。

まとめ

体を動かすことは言うまでもなく良いことですが、PMS症状がつらいあなたにはもっと良いことばかりです。

是非、運動を習慣にして、「面倒なこと」ではなく、「気持ち良いこと」として出来たら良いですね。