Pocket

生理前の肌荒れにはビタミンCで対策

生理前の肌の調子って、一か月の中で一番調子悪いですよね。

くすんだり、ハリがなくなったり、吹出物に悩まされたり。

そんな時頼りになるのが、ビタミンCです。

しかし、ただ摂れば良い、というわけではありません。ビタミンCの効果を存分に受けようと思ったら、コツがあります。

また、生理前はビタミンCを激しく消耗する時期でもあるんです。

肌のくすみやハリが気になるあなたは、下記をお読みになり、ビタミンCを上手に摂取しましょう。

gattu

肌の老化の原因「活性酸素」を除去するビタミンC

akuma

肌の老化の原因の一つに「活性酸素」があげられます。

生理前は、イライラしたり、ちょっとしたことが気になったりと、ストレスがたまりやすくなります。

つまり、

生理前は、活性酸素が生み出されやすい時期です。

体内の活性酸素は、しみ、シワ、くすみなどの、老化のスピードを左右します。

活性酸素の害を防ぐために必要な栄養素が、ビタミンCです。

抗酸化作用の高いビタミンCは、活性酸素をお掃除してくれる、私たち女性に強ーい味方なのです。

美肌効果のためにビタミンCを上手にとる4つのコツ

積極的にとりたいビタミンCは、上手に調理して、存分にビタミンCを活用しましょう。
ビタミンCを上手に取り入れるコツは、次の4つです。

水に長くさらさない

ビタミンCは水に溶けやすい水溶性のビタミンです。

レタスなど水に放した場合は、早めに水気をきりましょう。

retasu

調理時間は短く

ビタミンCは熱や酸に不安定な性質を持っています。

調理損失が大きいため、1日の必要量の3倍量をとると良いとも言われています。

ビタミンCはほとんどの食材で、3分以上ゆでると半減します。

そのまま生食したり、さっとゆでたり、短時間による調理法がオススメです。

nabe

保存期間を長くしない

購入した野菜の保存期間は出来るだけ短く、すぐに使いきるのがコツ。ビタミンCは時間が経つにつれて目減りします。

比較的壊れにくいジャガイモのビタミンCでも、1か月の常温保存で15%も減少します。

旬の野菜を摂ろう

ビタミンCは同じ野菜でも、旬の時期の方がたっぷり含まれています。

また、捨ててしまいがちな野菜の外葉や芯の部分にも多く含まれます。

きせつ32

ビタミンCのサプリメントが良い理由

ビタミンCは美肌だけではなく、疲労回復や、ストレスへの抵抗力も高めてくれます。生理前は特に積極的に摂りましょう。

ビタミンCの一日の摂取量の目安は100~150㎎といわれおり、通常の食事で摂れる範囲です。

しかし、美肌目的、ストレスへの抵抗力の目的でビタミンCを摂るなら、相当な量のビタミンCが必要とされます。そのビタミンCの量は2000㎎必要だとも言われているんです。これは、必要最低限の量のなんと20倍!

ビタミンCの効果をしっかり受けたい時は、サプリメントを利用すると、安定して摂れますよ。

ヤマノのカムカムは、私も飲んでいますが、大変おすすめです。

驚異の天然ビタミンC【カムカム】

ヤマノの「カムカム」を飲んでいると、肌の調子も良いですし、一日の元気も違ってきているようです。

ヤマノのカムカムは、天然素材のビタミンCです。

あなたも、ビタミンCサプリメントを選ぶときは、合成のビタミンCではなく、天然の植物や果実を使ったビタミンCサプリメントを選ぶようにしてください。原材料名を見るとわかりますよ。

まとめ

生理前の肌荒れ対策として、ビタミンCを上手に摂りましょう。

●水に長くさらさない

●調理時間は短く

●旬のものを旬のうちに

が料理の基本です。

食事とサプリメントとあわせると、安定して摂ることができますよ。

ヤマノのビタミンCサプリメント「カムカム」は、一か月分2937円から購入できます。

驚異の天然ビタミンC【カムカム】

kamukamu

★こちらもお読みください。

ビタミンCは壊れやすいから美肌のためなら多めに!