Pocket

PMSは治した方が良い!

PMS(月経前症候群)の治療をしたい、と思っても、何をすれば良いのかわからないまま、毎月の不調を我慢して過ごしていませんか?

PMSの治療は病院に行くしかないのか、また、そのほかの改善手段があるのかどうか。

病院に行くとしたら、PMS治療は保険適用になるのか?

など、わからないことがいっぱいで不安だと思います。

こちらはそんなあなたに読んでいただきたいページです。

PMS症状は、必ず改善されます。あなたにあった治療方法で、毎月の不調にさよならしましょう。

PMSの治療方法

病院で受診する

 何科に行けば良いの?

 どんな治療法なの?

 保険はきくの?

☑市販の治療薬を使う

☑PMSサプリメントを使う

☑漢方薬局に行く

PMSで病院を受診、保険適用は?

PMS治療で病院を受診する際、保険は適用されます。健康保険証を持参しましょう。

受診先は、婦人科、産婦人科に行きましょう。

大きな病院でなくても、あなたの近所の診療所でかまいません。

受診前に病院のホームページや口コミをチェックしておくと良いでしょう。PMSや更年期障害にふれている病院なら、なお良さそうです。

うつっぽい症状がずっとあり、生理前に特にひどくなる、というあなたは、心療内科、精神科が向いています。

PMSで病院に行く際の注意点

病院を受診する際は、できれば基礎体温表を持参しましょう。

基礎体温表がなければ、最低限、次のことを言えるようにしておきましょう。

●最終生理開始日

●PMS症状がいつ頃あらわれるか

●そのような症状はどれくらい前からあるか

病院でのPMSの治療法、処方薬は?

PMSの病院での治療は、問診のうえ、低用量のピルを処方されるのが一般的です。(ピルは保険適用外になることも)

PMSの原因は、排卵後に卵巣から分泌される黄体ホルモンです。

低用量ピルは、排卵を止めることで、ホルモンを一時的に低下させます。ホルモン分泌がなければ、PMSも起こらない、という、かなり直接的なものです。

ただしピルは、イライラなどの精神症状には向きません。また、副作用が出る場合もあります。

ピルの副作用

吐き気、胸のはり、だるさ、むくみ、不正出血、体重増加など

私も副作用に弱く、睡眠中も起きてしまうほどの吐き気におそわれました。しばらくすると慣れるそうですが・・・。

病院によってはピルではなく、漢方やサプリメントを処方してくれるところもあるそうです。

また、症状によっては血液検査、尿検査などが行われたり、症状が激しいときは注射を行う病院もあります。

病院でのPMS治療法は?

問診

薬の処方

★低用量ピルが一般的、漢方やサプリメントを処方されることも。

★症状によっては血液検査、尿検査、注射

市販のPMS治療薬

市販のPMS治療薬といえば、プレフェミンです。

病院に行かず、薬局で買えるPMS治療薬といえば、国内ではプレフェミンしかありません。

●プレフェミン(ゼリア新薬)

●1800円

プレフェミンの主成分は、チェストベリーというハーブです。

チェストベリーがプロゲステロンの分泌を正常化することで、女性ホルモンのバランスを整え、PMS症状を抑えることができます。

なんと、月経3周期目で、90%の女性がPMS症状の改善を実感しています。

また3周期服用すれば、その後中止して症状が戻ったとしても、服用開始前より改善が見込めるとの結果も出ているそうです。

ただプレフェミンは、薬局で薬剤師さんと相談しながらを購入することになります。

また、一か月単位でないと購入できません。二か月目以降は問診カードを持参して購入できます。

漢方

漢方は、根本的な治療とは違い、体の中の次の三つが満たされてバランス良く巡ることで、PMSの不調を取り除いていく、というものです。

1. 血(血液)

2. 気(エネルギー)

3. 水(血液以外の水分)

バランスをとるくらいでPMS症状が改善されるなんて、信じられないかもしれませんが、漢方はPMSの改善に向いています。

なぜなら漢方は、ピンポイントで特定の症状に効果がある西洋薬とは違って、複数の症状に効果が期待できるので、複数の症状が同時に起こることが多いPMS症状に、大変有効なのです。

また漢方は、基本的には副作用もありません。

ただし漢方には相性があり、効果をあまり感じられないこともあります。

逆にいえば、あなたに合っている漢方に巡りあえれば、最初の生理周期から効果を実感できることもあるのです。

漢方はPMS症状の改善に向いている!

副作用の心配もなし!

ただし、結果はじわじわと。

あなたに向かない漢方の場合、効果を感じられないことも。

PMSサプリメント

PMSサプリメントは、PMSを改善する手段の、もっとも手軽な方法です。

なんといってもネットで簡単に購入できます。

PMSサプリメントの中には、プレフェミンと同様、チェストベリーが40㎎配合されているものがあります。

PMS治療薬の主成分と同じものが、サプリメントで摂れるなんて、ちょっと意外ですよね。

さらにPMSサプリメントは、チェストベリーの他、

●女性特有の症状に効くハーブ

●不足しがちなビタミン類

なども配合されているものがあります。

PMSサプリメントは、いろいろな方面からPMSの諸症状をサポートしてくれるといえます。

PMSサプリメントの特徴

☑手軽に始められる

☑チェストベリー、ビタミン、ミネラル、有効成分などが配合

☑用量を守れば基本的に副作用なし

PMSサプリメントはこちらから選ぶと便利です。

PMSサプリメントおすすめメーカー!ランキング

私のおすすめはPMSサプリメント

私が実際に試した治療法のおすすめをご紹介いたします。

PMSサプリメントと、漢方を融合させた「ムーンラック」は、実感度が高かったです。

ムーンラックには、PMS治療薬の主成分と同じ量のチェストベリーが40㎎配合されています。

さらにムーンラックは、漢方の良さ(冬葵、キバナオウギ、桂皮など)も取り入れられており、体全体の調子が整ってくるという実感もありました。

ムーンラック

★特別モニターコース 初回980円

ムーンラックは継続条件などはなく、いつでも休止、解約できます。気軽に試してみてはいかがでしょうか。

私の場合は、最初の生理周期から実感がありました。

私のムーンラック体験談はこちらです。↓

PMSサプリメント「ムーンラック」を使い続けてみた結果

まとめ

PMSの治療法、あなたはどれを選びましたか?

PMS症状をおさえるために、睡眠をしっかりとる、ストレスをためない、など、普段からの生活習慣も大切です。

「PMS症状がひどく我慢できない」

「いろいろ試したけど改善されない」

などのあなたは、他の病気がひそんでいる可能性もありますから、病院での受診をおすすめします。