Pocket

生理前の情緒不安定はこんな症状

生理前にイライラ、わけもなく腹が立つ!

どうしようもなく不安でたまらない。

無気力で、何もやる気が起きない。

忘れていたはずのことを思い出して、ぽろぽろと涙がこぼれる。

「どうしてこんなに気持ちが安定しないの?」

とあなたは思っていませんか?

そんな情緒不安定が生理前に強く出てしまうなら、それはPMS(月経前症候群)です。

ここでは、生理前の情緒不安定を予防して、スッキリと過ごす方法をご紹介いたします。

生理前の気持ちの不安定の原因とは

生理前に気持ちが不安定になる原因は、女性ホルモン(黄体ホルモン、卵胞ホルモン)の大きな乱れです。

私たちの体は排卵後から生理前にかけて、黄体ホルモンが大幅に増加しますが、この変動に、心も振り回されてしまうのです。

でも、生理なんて他の人にもあるのに、なぜ自分だけがこんなにもつらい症状を抱えている気がするのでしょう?

心までつらくなるのは、PMSの仕組みに原因があります。

女性ホルモンの分泌は、脳の視床下部で指令を出していますが、同じ場所で自律神経も司っているのです。

女性ホルモンの分泌の異常は、自律神経も乱れさせ、それが情緒不安定など、あなたを不快にさせる症状につながってしまいます。

さらに生理前の情緒不安定は、あなたの性格も影響します。

こんな性格の人は注意、PMSの心の症状

PMSの症状は様々ですが、特に心の症状が強く出てしまう原因は、あなたの性格も影響しているかもしれません。

☑ 神経質

☑ こだわりが強い

☑ マジメ、几帳面

このような性格の人は、ストレスを抱えやすいため、PMSの症状が強く出てしまう傾向にあります。

PMS症状が出ると、自分で自分を責めてしまい、さらに心がつらくなる、という、悪循環です。

PMSの症状の中でも、精神症状は特にキツく感じますから、

「自分だけがこんなつらい思いをしているのではないか。」

「自分が特別にネガティブなのではないか。」

などと思ってしまうのです。

生理前の情緒不安定を受け入れて、予防する

生理前は黄体ホルモンが急激に増加しますが、そもそも黄体ホルモンとは妊娠を継続させる働きを持つホルモンですから、生理がある限り、毎月の心身の状態が一定でないことは、ある程度は自然な流れです。

しかし、あまり生理前の情緒不安定が激しいと、あなたもつらくなってしまいますので、対策をしましょう。

「今はPMSの時期なんだ」

と受け入れるだけでも、かなり気持ちが軽くなります。

また、PMS期のストレスは、症状を悪化させます。

自分一人の時間を楽しむなど、できるだけゆったりした気持ちで過ごしましょう。

生理前の情緒不安定に効くサプリメント

生理前に気持ちが不安定になってつらいあなたは、ホルモンバランスを整えることから始めてみましょう。

女性ホルモンの分泌を正常化する「チェストベリー」入りのサプリメントがおすすめです。

チェストベリーは、一日40㎎が推奨摂取量となっていますが、それを満たしたおすすめのPMSサプリメントは、オーガニックレーベルのルナベリーです。

オーガニックレーベル

★トクトクコース 初回無料

ムーンラック

★モニターコース 初回980円!

ルナベリー、ムーンラック、どちらもチェストベリーがしっかり40㎎配合されていますが、特に私のおすすめは「ムーンラック」です。

ムーンラックは、モニター価格で購入しても、いつでも休止、解約ができるので、気軽に始めることができます。

私はムーンラックでかなり気持ちがスッキリしました。

ムーンラックは、ホルモンバランスが正常化するだけでなく、体全体の巡りが良くなる感覚があります。本当におすすめですよ。

まとめ

生理前の情緒不安定は、PMSの症状の一つです。

ストレスに弱い性格の方は、PMSの精神症状が強く出てしまいます。

あなたはストレスをため込まないように、ゆったりとした気持ちで過ごしましょう。

PMSサプリメントもおすすめです。

★こちらの記事もあなたにおすすめ

PMSサプリメント徹底比較 それぞれの特典

PMSサプリメント効果 私が感じた変化