Pocket

 生理前のニキビ、吹出物は食事で防げる

生理前はニキビや吹出物が出来やすい時期です。

生理前になると肌があれる原因は、黄体ホルモンの働きが活発とともに皮脂の分泌が多くなるため、肌がバランスを崩してしまうことにあります。

生理前の肌荒れは、PMS(月経前症候群)の症状の一つです。

nikibi

ニキビは重症化すると、色素沈着をおこしたり、皮膚が陥没したりして、跡が残ってしまうこともあるので要注意です。

生理前は食生活にちょっとした注意が必要です。

また、ホルモンバランスを整える栄養素も必要です。

うっとうしいニキビ、吹出物を予防したいあなたは、下記を参考に、ホルモンバランスが過度に乱れないようにするしていきましょう。

脂っこいものを少なめにする

生理前は皮肉なことに、食欲が増して脂っこいものもバンバン食べたくなってしまいます。
脂っこいものは皮脂の分泌を増加させてしまいます。

甘いもの、牛、豚の脂肪分やバター、チョコレート、ナッツ類、コーヒー

などは生理前は控えめにしておきましょう。

batu

積極的に摂りたい栄養素

ビタミンB2

納豆、レバー、ウナギ、牛乳、卵など

皮膚の新陣代謝を促して、健康な皮膚や髪、爪をつくります。
別名「発育のビタミン」とも呼ばれているほどです。

ビタミンB6

牛、豚、鶏レバー、カツオ、マグロ、卵、バナナなど

皮膚の抵抗力を高めます。ビタミンB6が欠乏すると、目、鼻、口、耳の周囲に湿疹を起こすことがあります。

ビタミンC

いちご、ブロッコリーなど

美肌ビタミンの代表選手です。ニキビ跡の色素沈着を防ぎます。

食物繊維

生理前のこの時期は便秘にもなりやすい時期です。

便秘をすると、本来排出されるべき老廃物や毒素が血中に蓄積され、ニキビ、吹出物を引き起こす原因となります。

食物繊維をたっぷりとってニキビの大敵、便秘の予防を心がけましょう。

ぼはだ1

ホルモンバランスを整える栄養素

上記の栄養素の中でも、ビタミンB6は、ホルモンバランスを整える働きがあります。

ビタミンB6は、神経伝達物質の合成に深く関わりがあり、あなたの幸せや喜びの感情につながっています。

女性ホルモンと神経伝達物質は、心と密接な関係にあり、強いストレスがかかると共にバランスを崩します。

神経伝達物質が滞るとイライラしたり、良い睡眠の妨げとなり、それが結局、肌荒れへとつながっていきます。

ビタミンB6を上手に摂ることは、女性ホルモンのバランスを安定させて、それが健康的な肌に導くのです。

asari

生理前のニキビ、吹出物 まとめ

生理前のニキビ、吹出物を未然に防ぐためにも、排卵期過ぎた頃からは食事に気を付けましょう。

油っぽいものは控えめにして、ビタミンたっぷりの食事を積極的にとりましょう。

syokuzai

生理前に肌も心も乱れがちなあなたは、レバーや赤身魚などのビタミンB6を摂りましょう。

食事で摂り切れないあなたには、ビタミンB6配合のPMSサプリメント「めぐルナ」がおすすめです。

【めぐルナ】

★特別定期コース 初回限定980円!

めぐルナの私の体験談はこちらです↓

めぐルナ効果を試してみた!ここが良かった、残念だった体験談

sapuri★こちらもお読みください。


PMSサプリメント徹底比較!あなたの症状別 タイプ別