Pocket

こじれたママ友関係、意外な原因は女性ホルモンかも?

赤ちゃん、幼稚園、保育園の子供を持つママは、ママ友同士の関係に一度は悩んだ経験をもっているのではないでしょうか。

●友達の中で自分だけが外されている気がする。

●友達からのちょっとした言動がひっかかりイライラしてしまう。

●そんなこと考えるの、くだらない。と思いながらも、あれこれ考えてスマホをいじってしまう。

sumaho

あなたがそんな気分になってしまうのは、大抵生理前ではないでしょうか?生理前はホルモンバランスが入り乱れる時期であり、心も体も低迷します。あなたのママ友関係の悩みは、思いがけず

「女性ホルモンの問題」

かもしれません。それを踏まえて今回は

☑ ママ友トラブルに巻き込まれない人ってどんな人?

☑ ママ友関係で悩まない魔法の言葉

がテーマです。「それでも生理前はどうしても気持ちがイライラする!」そんなあなたへの解決法もありますから、最後までお読みくださいね。

ママ友トラブルに巻き込まれない人もいる

egao3

個人としてのお付き合いではなく、「○○ちゃん(君)のママ」としてのお付き合いは、たとえば苦楽をともにした学生時代の友人関係よりも関係が希薄な気がします。子供を通して分かり合えても、その土台が浅い気がするのです。

そんな中、あなたの周りにも対人関係を器用にこなしている人、いませんか?私の周りでもママ友トラブルに巻き込まれず、うまく交わしている人って少数います。

●つかず離れずでうまくやっている人

●元々一匹オオカミ的な存在の人

●トラブル渦中にいながら気づいていない幸せな(?)人

などなど。彼女たちもきっと何かしら思うところもあり、悩むこともあるはずです。

わずらわしい対人トラブルを手前で跳ね返せる力は、何が違うのか考えてみました。

ママ友トラブルを跳ね返す力

asari

ママ友関係で上手くやっていける人たちは、「たまたまトラブルに遭わない」という理由だけではありません。

「引き寄せない力」

を持っているのです。彼女たちはおそらく、トラブルに遭ってしまったとしても、泥沼にはまらない、さほど深刻にならないで済む術をそなえています。

面倒な問題を引き寄せない力を持つ人達の共通点は

☑ 笑顔

☑ 許せる広い心

この2つです。特にママ友は価値観や常識も人それぞれ。でも、共通している気持ちは

「自分の子供は可愛い!」

ってこと。そこをわかってあげられる、許せる気持ちがあると、相手には案外伝わるものです。

oyako

ママ友関係で悩まないための2つの「魔法の言葉」

ママ友関係で悩んだら、次のことを思い出してください。幼稚園も保育園も、子供を通した地域のコミュニティも、

「主役は子供」

です。子供たちが安全に、楽しく過ごすことが目的です。子供同士が触れ合うことで、子供の刺激になり、成長していければそれが一番です。「主役は子供」だということを思い出すと、少し冷静になれます。

oyako

それともう一つ

「彼女は体調が悪いのかも」

もしかすると彼女たちも、生理前でイライラして心とは裏腹な言動、行動をしてしまっているのかもしれません。あなたを不愉快にさせた彼女もそのことで後悔しているかもしれませんし、傷ついているかもしれません。

あなたに、ママ友で合わない相手がいたとしても、彼女たちの気持ちは変えることは出来ません。あなたが見方を変えましょう。

まとめ

tetudai

生理前は心が不安定になりがちです。そんな時期に、ママ友とのいざこざで悩んでしまうと、さらにネガティブな気持ちになってしまいます。

そんなときは、主役がだれだったかを思い出しましょう。「子供のためになっているなら、まあ良いか」と思えることって、意外と多いですよ。

また、酷いことをされた、言われたのであれば、「彼女もPMSだったのかな」と思ってみましょう。

それでもどうしてもつらい時

ママが悩んだ顔をしていると、子供は敏感に察知します。PMS症状に効果のあるサプリメントを試してみてくださいね。

sapuri★PMSサプリはこちらで選ぼう!

PMSサプリメント徹底比較!あなたの症状別 タイプ別 

kappu★PMSに効果のあるお茶を知りたい!

チェストベリー配合のお茶 PMS改善のためのハーブティがあった!

PMSのあなたは3時のお茶とおやつを上手に活用!